#EVENT REPORT

専門家が教えるスキンケアレッスン
〜化粧水ってただの水じゃないの?〜

2019/3/9 @WCAFE - LAVISHOP presents

こんにちは!
早春の候、皆さまは花粉症いかがでしょうか…。
私は目をかきすぎて目周りのクマと乾燥がひどい状況です……
花粉って、ムズムズだけじゃなくてニキビができやすくなったり、キメが粗くなったりで辛いですよね。
どうやってケアすれば…??

そんな、スキンケアを見直す時期にぴったりのイベントが
先日、LAVISHOP主催で開催されました!
今回は、イベントレポートをお届けいたします♪

ゲストは、ハヤカワ五味・
スキンケアブランドLapis Lazuli代表 石田彩さん
美容化学者 かずのすけさん。

【ゲストプロフィール】
《石田 彩さん》


スキンケアブランド 株式会社ラピスラズリ代表取締役。
2014年に株式会社ラピスラズリを設立し、
2015年に第1弾製品のLLサンスクリーンを発売。
2017年以降に発売したLLモイストベールソープ、LLオールインワンセラム、LLリップケアクリームがAmazon新着ランキングで1位を獲得。

●ラピスラズリ公式サイト:https://lapislazuli.jp
 

《かずのすけさん》


京都教育大学卒(教育学学士)
横浜国立大学大学院卒(環境学修士)
小学校教諭一種免許、中学校教諭(理科)一種免許、
高等学校教諭(理科)一種免許 所有 
2015年度日本リスク研究学会 大会優秀発表賞受賞 
日本化粧品検定協会公式コスメコンシェルジュインストラクター

2013年9月よりアメブロにて『かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき』の連載を開始。
化学で美容を解説する記事が注目され人気を獲得。過去最高月間500万アクセス。

●かずのすけさん公式ブログ:https://ameblo.jp/rik01194/
●かずのすけさんプロデュースブランドCeraLabo:https://cores-ec.com


スキンケアの道のプロのお二人です!!



〜当日イベントレポ〜
 

まずは代表、ハヤカワ五味のオープニングトーク。
大学生のうちに起業して今に至るハヤカワさんは、
起業当時を振り返って

「『化粧はマナー』とか言うくせに、
学校で教えてくれんやんけ!!!!


と。確かにそうですね。

社会に出たらしなきゃいけないから、手探りでメディアやネットの知識でするお化粧…
正しい知識に触れる機会も少ないはず。
ましてや基礎化粧の知識は、自分のお肌のコンディションに直結してしまう。

今回のセミナーでは 情報を疑い、選び取る

ということの重要性をテーマにしている、と話されました。
 

さてさて、お次はかずのすけさん・石田さんによる
スキンケア2択クイズ!

みなさん楽しそうです(*^^*)

石田さんは、過去に自分で基礎化粧品を作った際の試行錯誤の結果、成分の重要性に気づき、
お肌に優しい自社ブランド『ラピスラズリ』を立ち上げたそうですよ。

では、クイズの数問をピックアップしてお届けいたします!
 

問題
「花粉や季節の変わり目で、肌が荒れ気味。
正しい対処法は?」

A いつもより化粧品をたっぷり使って, 保湿をしっかり

B いつもより化粧品を少なめにして, シンプルケア

答えは…

でした!

参加者の皆さんから驚きの声が。

敏感になっているお肌に何回も触れることは、摩擦によるダメージになるそうです。
それよりも、刺激の強めな化粧水などをスキップしてシンプルケアにしたあげたほうが良いとのこと。
意外ですね!
 

こんな問題も。
「美容成分として有名な『セラミド』は、どちらの成分の仲間?」

A ヒアルロン酸

B コレステロール

セラミド配合の化粧品、よく聞きますが……?

が正解でした!
セラミドは脂質の仲間であり、水とはほとんど馴染まず、
肌に油膜を形成する機能もないとのこと。
しかし、皮膚の細胞のバリア機能を保持する機能があるため、
美容成分として使われているんですね。
 

さあ、コンテンツの最後は、 スキンケア成分対談!

幾つかのテーマに沿って、ゲスト3人が対談形式でお話しされました。
『お二人のイチオシの成分は?』

こちらは、
石田さんはセラミド
かずのすけさんは基剤成分としてBGグリセリンとの答え!

セラミドは前述の通り、皮膚のバリア機能を保持する機能があるためとのこと。
グリセリンは、基剤成分(化粧品のベースになる成分)の中でも低刺激なため。ただ、ニキビの原因になるアクネ菌のエサとなるので、ニキビ肌には合わない可能性がある。そこだけ注意!とのことです!
またBGは比較的さっぱりとした使用感で、ニキビ肌の方ならばこちらをおすすめ……ですが非常に供給量が少ないとのこと。レアなんですね。

『スキンケアの何にお金をかけるべき?』
という質問も。

こちらは、『クレンジング・洗顔料』という答えに。
ほかの基礎化粧品は「補う」ためのものに対し、クレンジングや洗顔は「落とす」ものですよね。
これらは成分を選ばないと、肌の負担になってしまうからとのことです。

また、クレンジングには種類がたくさんあり、例えば一口にクレンジングオイルと言っても油脂系クレンジングオイル(マカダミアナッツ油、アボガド油など)やミネラルオイル系クレンジングオイル(鉱物油など)などがあります。

前者は肌負担が少ないから、薄めメイクの際に。
後者は肌負担は強いがクレンジング力も高いため、崩れないメイクなど強力なメイク落としの際に。
と使い分けると良いようです。

これは日焼け止めにも言えることで、炎天下なのか、日常使いなのかによって
強さを使い分けることが大事なようです。

(市販の安価なオイルクレンジングは、ほぼほぼミネラルオイル系のようです。毎日使いには注意が必要ですね……!)



まとめ
 

SNSやYouTube、キュレーションサイトなどを媒介としていろんな情報が飛び交う昨今ですが、
「情報を疑うこと」の大切さを改めて確認しました。

有名インフルエンサーがいいって言ってたから?
このサイトでランキング上位だったから?
この成分の配合量が多いから?

……と!情報を鵜呑みにせず!

自分で情報を取捨選択すること。 そして、強さ・使い道によって化粧品を適切に選ぶということ。


それが美肌への近道なんですね〜!!

お三方とも、本当にありがとうございました!!!
(石田彩さん、トリガー着てくださってます)

 

 

>